前のページへ戻る

K大学様

積極的なクラウド利用で、情報システム管理者の負担を軽減

積極的なクラウド利用で、情報システム管理者の負担を軽減

業種(大学、専門学校など) 大学 職員数 約150人
所在地(都道府県) 関東 生徒数 約1200人
導入前の背景や課題 選択のポイント 導入ソリューション 導入サービス
導入後の成果 導入による今後の展望 ミカサ商事を選択した理由  

導入前の背景や課題

オンプレミスのメールシステムが情報システム担当者の業務を圧迫


オンプレミスのメールシステムを初めて導入して以来、刷新する事なく使い続けていました。

古いシステムということもあり、1アカウントあたりのメール容量が30MBほどしかなく、頻繁に整理・削除をしないとメールボックスがパンクして、送受信が滞ってしまう重大な課題がありました。

トラブルやクレームが情報システム担当者へ相次いでおり、業務を圧迫していました。

また、メールサーバーなどの機器やライセンス更新の費用負担も大きく、新しいメールシステムにする時には、これらの悩みを解決したいという思いが情報システムご担当者様にはあったとの事です。

そんな中で、ミカサ商事の提供する、 Google Apps for Education 課題解決セミナー に出席いただき、法人向けでは有償の Google AppsTM が、教育機関向けでは無償で提供される事がポイントとなり、本格的に導入をご検討いただきました。

選択のポイント

最も重大な課題は、メールがパンクし、使えない時間は業務が止まってしまうという状況でした。

したがって、刷新する場合は、稼働率が高いメールシステムである事が必須条件でした。

情報システムご担当者様は、個人的に使用されていた Gmail を導入できないかをインターネットで調べていく中で、 Google Apps for Education の存在を知られました。

Google Apps for Education は、学校の独自ドメインで利用でき、個人のメールボックスの容量は最大30GB(※1ユーザー当たりの Google Apps 全体) もある為、メールボックスがパンクする、ということが無くなるという点が、選択のポイントとなりました。

さらに、導入後の運用工数も削減できることが決め手となり、導入を決定いただきました。

導入ソリューション

メール容量、管理の解決


Gmail であれば、大容量30GB、メンテナンスは Google が実施する為、管理者、ユーザー双方にとってメリットがあり、より使いやすくなるという点で、大変お喜びいただけました。

導入サービス

導入後の成果

問い合わせ、苦情がゼロに


30GBのメールボックスにより、メールがパンクして業務が停止することは、全く無くなりました。

学生、教職員ともにメール容量、稼働問題に関する問い合わせや苦情はゼロになり、システムご担当者様のリソースも回復し、業務の効率も大幅に向上しました。

工数・経費の削減も


Google Apps for Education はクラウドサービスの為、サーバー更新等は不要となり、工数のほかに経費の圧縮にも成功しました。

導入による今後の展望

Google Apps for Education の導入まで、わずか3週間で完了できたのは、ミカサ商事のサポートがあったおかげだと喜んで頂きました。

誰でも使いやすいアドオンサービスを提案したことで、よりスムーズな導入に至ったとの事です。

副次的に「 Google ドライブ 」「 Google カレンダー 」の現場での活用が増えてきており、今後も使用方法の研修や活用方法の提案など、継続的なサポートを期待いただいております。

ミカサ商事を選択した理由

無料セミナーに参加したことが、選択のきっかけです。セミナーは少人数で質疑応答がしやすく、好印象でした。

【セミナー開催、訪問デモ】


ミカサ商事は、定期的に小規模の Google Apps for Education 課題解決セミナーを無料で開催しております。
また、教育機関様の抱えている課題に応じて、訪問によりデモをさせていただくことも可能です。
お気軽にご参加お待ちしております。