前のページへ戻る

O短期大学様

自前サーバでのメール運用や、書類での設備予約をクラウドに移行

自前サーバでのメール運用や、書類での設備予約をクラウドに移行

業種(大学、専門学校など) 私立大学 職員数 約100人
所在地(都道府県) 関西 生徒数 約600人
導入前の背景や課題 選択のポイント 導入ソリューション 導入サービス
導入後の成果 導入による今後の展望 ミカサ商事を選択した理由  

導入前の背景や課題

導入前は、オンプレミスによりメールサーバーを学内に設置してメールサービスを運用していましたが、「管理が大変」 「費用がかさむ」 「リソースを割かれる」 という課題があり、メールサーバーを学外に出したいと考えておられました。

選択のポイント

Google AppsTM を導入した理由は、メールをクラウド環境で運用できることと、 書類でやり取りしていた設備予約についても Google カレンダー で管理が簡単になることです。

導入ソリューション

Google Apps のメリットは、

・Gmail は、多くの学生が利用しているスマートフォンなどのモバイル端末との親和性が高い

・Google のデータセンターは、最高水準のセキュリティを持ち、24時間専任のスタッフが管理している

など、導入後の運用もスムーズで、学外へ安全に管理業務やデータを移行できる点です。

当社は、 Google Apps for Education への移行作業を、できるだけ短期間でスムーズに行えるような移行プランをご提案いたしました。

導入サービス

導入後の成果

校内でメールサーバーの管理をする必要が無くなり、紙で申請していた設備予約に関してもクラウド上で行えるようになったことで、貴重なリソースを学内業務に集中することが可能になりました。

導入による今後の展望

今後は、学生向けへの Google ドライブ や、 Google サイト の活用についても、ご検討いただいておりますので、具体的なケーススタディを元に、効果的な活用方法についてご提案して参ります。

ミカサ商事を選択した理由

Google Apps for Education を導入するにあたって、現場での課題をどう解消するかについてや、導入フローの不明点などについて、丁寧に回答したことを評価され、当社を選んでいただきました。