教育機関向け Chromebook

Chromebox for meetings とは

Chromebox for meetings は「低コスト」で「かんたん」、それでいて「高品質」を実現した、まったく新しいタイプのテレビ会議システムです。持ち運びしやすいコンパクトな設計により、使いたい時、使いたい場所で手間なくテレビ会議を始められます。
また Google ハングアウトや G Suite との連携も可能です。自分の画面を他のユーザーに共有したり、カレンダーの予定に Chromebox for meetings を登録しておく等、用途の幅がひろがります。より効率的で良質なコミュニケーション活動を支援いたします。

こんな方にオススメ

・シンプルで使いやすいテレビ会議システムを求められるお客様
・遠隔地の拠点や外部組織との打合せが多いお客様
・会議に関わる通信通話コストや出張経費を削減したいお客様
・すでに G Suite を導入済みのお客様

ミカサ商事では Chromebox for meetings の導入サポートを承っております。お気軽にご相談ください。
  • Chromebox for meetings に関する
    お問い合わせやご相談はコチラ
  • Chromebook 体験セミナーへのお申込み
  • お申込み

Chromebox for meetings の3つの魅力

優れたコストパフォーマンス

従来型のテレビ会議システムは、機器の構成にもよりますが数十万から数百万円のコストがかかります。Chromebox for meetings は専用の回線やサーバーが不要なので、導入コストや維持管理コストが非常に安価です。年間に必要なライセンス料は、1台につき 35,000 円。一般的なウェブ会議サービスと比べても断然オトクにご利用いただけます。


設置も管理も手軽でカンタン

設置は、お持ちのモニターに Chromebox for meetings をつなぐだけ。軽量コンパクトなので持ち運びも便利です。HDカメラや高性能マイクスピーカーにより臨場感あふれるテレビ会議を、専用リモコンひとつで容易に操作できます。管理も簡単。ウェブの管理画面を使って設定変更や端末情報の確認など、複数台の端末に対しても一括管理が可能です。


G Suite との連携により広がる用途

G Suite のユーザーは、PCやモバイル端末から Chromebox for meetings のテレビ会議に参加することができます。さらに G Suite の機能を使って会議の開催日時を共有したり、資料をテレビ会議画面に表示してプレゼンをおこなうなどさまざまな用途にご利用いただけます。


Chromebox for meetings の活用事例

明治大学 研究・知財戦略機構 特任教授 国際総合研究所 林 良造 様

地方在住のスタッフは Chromebox for meetings を利用することで、わざわざ上京しなくても現地から会合に参加でき、しかも映像も共有できるので、臨場感を持って議論に加わることを期待しています。更に、Chromebox for meetings はビデオ会議に必要なシステムがパッケージ化されており、手軽に持ち運べるため、弊所の会議室だけでなく、外部の会議場を使ったセミナー及びシンポジウムなどで積極的に利用していきたいです。

お問い合わせから導入までの流れ

お問い合わせフォーム

Chromebox for meetings のお問い合わせは下記フォームからどうぞ。
担当者がご回答致します。
必須は必ず入力をお願い致します。

お名前 必須
メールアドレス 必須
電話番号
学校名または会社名
必須
部署・役職・担当
必須
お問い合わせ内容
プライバシーポリシー