Gmail (メール) ※ Education 版は容量無制限

どこからでもメールが使える快適さ。

Gmail は、インターネットに繋がりさえすれば、PC / タブレット / 携帯など様々な端末で使えます。
オフライン機能のサポートがあれば、飛行機の中などネットワークに接続していなくても作業が続けられます。

生産性を高める大容量が、無料。99.9%の稼働率で安心。

Gmail を使うと、誰でも生産性を高めることができます。
G Suite 全体で、30 GB の保存容量、強力な迷惑メール対策、検索 / フィルタ / ラベル機能で、
ストレスフリーなメール環境を。

交流の促進と制限は、管理者が設定。

Gmail の受信トレイでは、ユーザーの情報も確認し、交流することができます。
オンライン状態の相手には、テキスト / ボイス / ビデオチャットなど、直ぐに接続できます。
また、管理者はチャット権限やメール送信権限などを、コントロールできます。

安心・安全なセキュリティ

Gmail でのメールチェックやメール送信時は、デフォルトで暗号化されたHTTPS接続が必ず使用されます。
たとえ、公共のWi-Fiをご使用の場合も、パソコン、携帯電話、タブレットからログインしている場合でも、ユーザーと Gmail サーバーとの間でメールを送受信する際に傍受されることがなくなります。

Google カレンダー

学生/教職員のスケジュール調整が簡単。

Google カレンダー は、複数のスタッフのスケジュールの共有に便利です。
各スタッフのカレンダーを重ね合わせて、各自の予定や、共通の空き時間を確認できます。
予定に追加する際にも、招待状を送信し、出欠を確認できます。

他のカレンダーとも統合できる。

Google カレンダー は、他の主要カレンダーアプリケーションとも、連携できます。
(※一部、連携できないアプリケーションもございます)

クラス、チーム、クラブで予定を共有。

学校全体や、特定のグループ間で、Google カレンダー を共有できます。
詳細な共有権限の設定で、セキュリティとプライバシーも守れます。

Google ドライブ ※ Education 版は容量無制限

どこからでも、ファイルにアクセス。

Google ドライブ は Mac / Windows / Android 端末や iOS 端末で使用できます。
どこからでもファイルの最新バージョンに、一元的にアクセスできます。

ファイル共有も簡単、安全に。

Google ドライブ は、ファイルを特定の人やグループと共有できます。
ファイルのコメント作成 / コメント返信機能は、意見やアイデアのフィードバックに便利です。

必要な容量だけを、リーズナブルに拡張。

Google ドライブ は、1ユーザーにつき 30 GB の保存容量が無料です。
更に、1ユーザーにつき月額 600 円で 100 GB を追加できます。
(最大で、1ユーザーにつき 16 TB まで増量可能)

Google ドキュメント

Google ドキュメント では、画像 / 表 / 計算式 / 図 / リンクなどを使用して作成できます。
フィードバックに便利な、ソーシャル コメント機能もあります。

Google スプレッドシート

Google スプレッドシート では、数値や計算式を用いた表計算が作成可能です。
リストの管理と共有 / プロジェクト管理 / データ分析と結果の追跡などに加え、
高度な数式 / グラフ / フィルタ / ピボット テーブルなどのツールにより、データ分析、検討に活用できます。

Google プレゼンテーション

Google プレゼンテーション では、動画の埋め込み / アニメーション / 動的なスライド切り替えなどにより、
美しいプレゼンテーションを、簡単に作成できます。
プレゼンテーションをウェブ上で一般公開したり、 特定ユーザーとの共有が簡単におこなえます。

各種ドキュメントは自動保存

Google ドライブ (Google ドキュメント 、Google スプレッドシート 、 Google プレゼンテーション など)で作成したファイルは自動保存されます。
ファイルがなくなる心配をする必要がありません。
変更履歴もさかのぼれるので、内容を間違って保存した場合でも元に戻すことができます。

Google サイト

とにかく簡単に、サイト作成。

ドキュメント作成と同じくらいの手軽さで、一切のコードを書くことなく、プロジェクトのサイトを作成できます。
また、時間を節約できるように、多数のテンプレートが用意されています。

全体の権限を管理する、管理者権限も。

管理者は、サイト全体やページ毎の共有権限を管理できます。
サイトの作成者は、アクセス権限の共有と抹消ができます。

様々な OS に対応。

Google サイト は Windows / Mac / Linux のコンピュータのブラウザで動作します。
別途、ソフトウェアを購入する必要も、ダウンロードする必要もありません。

Google Vault

保持ポリシーの定義。

保持ポリシーを定義すると、選択したルールに基づいてメールとチャットのメッセージに自動的に適用されます。

メール / チャットを、アーカイブ。

メッセージは、アーカイブされてポリシーに従って保存されるので、不注意による削除を防止できます。

電子情報の開示に、素早く対応。

強力な検索ツールにより、関連性のあるメール / チャット メッセージの検索が簡単です。
内部調査、訴訟、コンプライアンス監査の対応もスムーズに。

訴訟のための、記録保持。

必要に応じて、訴訟のための記録保持(リティゲーションホールド)を、ユーザーに対して指定できます。
ホールド対象ユーザーは、メール / チャットのメッセージを、自分で削除することはできなくなります。

標準的な形式で、エクスポート。

必要に応じて、特定のメール / チャットのメッセージを、標準的な形式でエクスポートできます。

監査。

アーカイブ内のユーザーの、アクティビティと操作に関するレポートを作成します。
検索 / メッセージ表示 / エクスポート などが表示されます。

Google Classroom ※ Education 版のみ

G Suite の便利な機能を、シンプルなインターフェースに統合。

Classroom では Gmail 、ドライブ、カレンダーの機能が
Classroom 専用のインターフェースに統合されています。
教師や生徒の操作にあわせて各機能が連動処理をおこなうため、どなたでも簡単に扱うことができます。

クラス内のコミュニケーションを手軽に、楽しく。

メッセージの投稿機能を使って、クラス内で手軽にコミュニケーションをおこなえます。
掲示板のように情報交換ができ、新着投稿は Gmail で全員へ通知されるので読み忘れを防止できます。
個別に連絡したい場合には、 Classroom の画面から直接 Gmail を送信することもできます。

課題の管理を、ペーパーレス化してスピーディに。

Classroom を使って、課題の配布から回収までをペーパーレス化できます。
教師が新しい課題を作成すると、クラスの生徒に一斉に通知されます。
生徒は内容と提出期限を確認して、すぐに課題に取り組むことができます。
教師は各生徒の提出状況を確認し、コメントを添えてフィードバックしたり、採点ができます。

その他

G Suite Marketplace

G Suite Marketplace には教育専用カテゴリがあります。
学生向けのツールから補助教材、管理ユーティリティまで揃っています。
G Suite for Education に統合できるウェブ アプリケーションを探して購入し、導入することができます。

Google Map

地図を見たり、ルートを検索するだけではなく、マイマップの機能で地図上に書き込みが行えます。例えばグループで共有したマップに、修学旅行で興味のある地点をアイコンでマーキングしたり、写真やコメントも残すことができます。

Google Scholar

様々な分野の学術論文や書籍などを一括して検索できるサービスです。どれだけ引用されたかを示す「引用数」を確認することができ、先行研究や資料を簡単に調べることができます。

関連サービス

Google+

Google+ は、オンライン上での交流や情報共有ができる Google のSNSサービスです。(教職員と13歳以上の生徒向け)
Google+ ページによる広報活動や Google+ コミュニティによる部活・サークルの交流、ハングアウトオンエアを使った遠隔授業などが行えます。
また、 G Suite の各アプリケーションとの連携も可能です。

Google Chrome (ウェブブラウザ)

動作が軽い・速い

起動、読み込み、移動、そして検索など、素早い動作で閲覧者のストレスが軽減されます。
YouTube や画像も素早く表示できます。

全ての端末で1つのブラウザ

どの端末でも、Google アカウント があれば同期が可能。
お気に入りなどブックマークの呼び出しや拡張機能も同じように使用できます。

シンプル

Chrome はシンプルかつ合理的な設計で、使い方も簡単。
検索やタブアレンジ、お気に入りの登録など、直感的に操作することができます。

安全

Chrome にはセーフ ブラウジング技術が採用されています。
ブラウジング中に不正なソフトウェアやフィッシングの疑いがあるサイトにアクセスしようとすると警告メッセージが表示されます。
また、各種プライバシー設定も各々でカスタマイズすることができます。

自動アップグレード

Google Chrome は自動的に最新版をバックグラウンドでダウンロードします。
使用者が更新に関する作業をする必要がありません。

豊富な拡張機能

Chrome は、 Chrome ウェブストア から拡張機能やアプリをダウンロードすることで、無償でもたくさんの機能を増強することが可能です。
辞書機能の呼び出しや国語・数学・理科・社会など科目専用のツールなど、実際の教育現場で使用できる機能が豊富に揃っています。
その他、短縮URL作成ツールや地震速報などの便利機能やゲームアプリ、マーケティング解析など、ビジネスで本格的に使用できるツールもあります。

G Suite for Education との整合性

管理コンソールから、 Chrome の一括配布が可能です。
拡張機能を Google ドライブ や Gmail など、 G Suite for Education の機能にリンクさせる事も可能です。