教育機関は Google Workspace を無料で使える!無償の Google Workspace for Education Fundamentals とは?

Google Workspace for Education Fundamentals とは、教育環境において生徒の学習環境向上や教師の作業効率化を実現するGoogleが教育機関向けに提供するツールです。さまざまなエディションが Google Workspace for Education にはありますが、その中でも Google Workspace for Education Fundamentals は無料で利用できる点が大きな魅力です。
本記事では、教育機関が Google Workspace for Education Fundamentals を利用するメリットやできること、各エディションとの違いについてご紹介します。生徒の学習環境や教師の作業効率についてお悩みの方は参考にしてみてください。

Google Workspace for Education とは?

教育機関が Google Workspace for Education Fundamentals の理解をより深めて導入を進めるためにも、まずは Google Workspace for Education についてご紹介していきます。
そもそも Google Workspace for Education とは、教育機関がオンライン上で作業するために、さまざまなアプリケーションをパッケージして提供しているツールです。特に昨今は、教育の現場でもPCやタブレット、スマホといったデバイスが導入され、オンラインで学習するケースが増えています。
実際に Google Workspace for Education は、世界で1億人以上の生徒・教師に利用されている、世界最大規模のユーザーを抱える学習支援ツールです。この点からも、世界的にも教育機関においてオンライン学習導入の注目度は高いと言えます。

教育機関が Google Workspace for Education を活用するメリット・できること

教育機関が Google Workspace for Education を活用するメリットやできることとして、以下の点が挙げられます。

  • 生徒のコミュニケーションや学習を促進
  • 教師の生産性を支援
  • セキュリティ対策により安全なオンライン学習を支援

生徒のコミュニケーションや学習を促進

Google Workspace for Education ではGoogleドキュメントやスプレッドシート、スライド、フォームなど、オンライン学習を進めるために有用なアプリケーションが備わっています。それらを利用し生徒個人での作業はもちろん、生徒同士や生徒と教師間で共同作業できます。
他にも Google Meet、Chat、Gmail を利用し、生徒や教師、保護者、管理者が場所を問わずコミュニケーションをとることが可能になります。また、学習管理プラットフォームの Google Classroom では、課題や提出物を対面しているように生徒と直接指導でき、コミュニケーションを促進できます。
さらにユーザー補助機能を生徒の学習スタイルに合わせて設定することで、学習環境向上に役立ちます。

教師の生産性を支援

Google Workspace for Education では、教師が Classroom を活用することで、教師側にも大きなメリットがあります。例えば学習環境作成や授業編成、成績配布、提出物へのコメントなどをオンラインで一貫して行えるため、作業効率アップにつながります。
他にも授業スケジュールの作成やToDoリストの作成など、生産性アップにつながるアプリケーションが備わっています。そのため教師の生産性を、多方面から支援してくれます。

セキュリティ対策により安全なオンライン学習を支援

生徒の氏名や住所、電話番号をはじめ、点数や学習スタイルなどの個人情報を扱う教育機関において、セキュリティ対策は重要な点。その点でも Google Workspace for Education は、教育機関の心強い味方になります。
例えばユーザー(生徒)の追加・削除やデータごとの権限付与など、管理者が一元的に行えるため安全に保てます。また自動データ損失防止(DLP)を活用することで、Gmail やドライブにおける機密データを保護できる機能も備わっています。

教育機関は Google Workspace for Education を無料で使える!?


上記でご紹介したように、Google Workspace for Education には魅力的なメリットが豊富に備わっていますが、教育機関で導入を検討する際、気になる点といえば料金面ではないでしょうか。
しかし Google Workspace for Education には無償エディションがあるため、まずは無料で始めることができるのです。また充実した機能が搭載されている有償プランもあるので、各エディションについてご紹介していきます。

Google Workspace for Education におけるエディションの種類について

Google Workspace for Education には、有償エディションが3種類、無償エディションが1種類(Education Fundamentals)、合計で4種類のエディションが用意されています。
有償エディションは以下の3種類です。

Education Standard

無償のエディションに比べ、高度な分析機能や管理機能が備わっており、充実のセキュリティ機能により安全に利用できます。

Teaching and Learning Upgrade

生徒とのコミュニケーションに役立つ高度なビデオ通話機能や、授業や学習をより充実した環境で支援できる機能が備わっています。

Education Plus

Google Workspace for Education における最上位エディションです。最高度のセキュリティ機能に加え、分析や管理も充実し最適な学習環境を提供してくれます。

Google Workspace for Education 各エディションの詳細はこちら

無償で利用できるGoogle Workspace for Education Fundamentals とは?


有償エディションはセキュリティ機能に加え分析・管理機能が充実しており、生徒への最適な学習環境提供、教師の生産性向上には最適です。とはいえ、まずは無償エディションから導入したいケースもあるでしょう。ここでは無償で利用できる Google Workspace for Education Fundamentals についてご紹介していきます。

Education Fundamentals を利用できる機関

まず Google Workspace for Education Fundamentals を利用できるのは、幼稚園や小中高校、高等教育機関、ホームスクール協会といった教育機関、または国内・国際的に承認された認定資格を提供する、政府公認校として正式な認可を受けた教育機関です。
導入前につまずかないためにも、まずは該当する教育機関であることを事前に確認しておきましょう。

Education Fundamentals で使える機能・アプリ

Google Workspace for Education Fundamentals では、生徒のコミュニケーションや学習を促進、教師の生産性を支援、セキュリティ対策により安全なオンライン学習を支援する
機能が備わっています。
また円滑な学習を支援する Googleドキュメントやスプレッドシート、スライド、フォームをはじめとして、Google Meet や Chat、Gmai といったコミュニケーションアプリも備わっています。さらに Classroom やアサインメントといった、教師側にも有用なアプリも搭載されています。

Education Fundamentals の注意点 有償版との違いを理解したエディションの検討を

Google Workspace for Education Fundamentals で使える機能やアプリをみると、教育機関が導入するには十分と感じるかもしれません。
しかし、有償エディションでは、ビデオ会議ツールの Google Meet の参加上限が100人から250人に増えたり、無償の Fundamentals よりも高度な管理分析機能がついているなどの違いがあります。
さらに、Google ドライブに保存できるファイルの容量についても、有償エディションのほうが無償の Fundamentals よりも多くなっています。
生徒一人一台の端末を使った大規模な利用や、今よりもさらに充実した機能で活用をしていきたい教育機関様は、有償エディションの導入も検討してみてはいかがでしょうか。

各エディションの比較はこちら

ミカサ商事株式会社では、Google Workspace for Education 販売パートナーとして、有償エディションの販売資格を有しています。また、円滑かつ迅速に導入を進めるための導入支援についても承っております。
どのエディションを選ぶべきか、お悩みの段階からお気軽にご相談ください。

Google Workspace for Education のお問い合わせはこちら