【GIGAスクール構想の補助金】前倒しの影響や高校への対応についてご説明

生徒一人ひとりの個性に合わせた学習環境を整備するための政策として、GIGA構想スクールが文部科学省から打ち出されました。それに伴いGIGAスクール構想の実現として、令和元年度の補正予算(案)が盛り込まれ、公立・私立問わず小・中学校では補助金を活用した迅速な対応が進められてきました。
本来、GIGAスクール構想は文部科学省が2019年12月に打ち出された政策で、5か年計画の構想でしたが、コロナ禍の影響もあって前倒しで進められ、補助金や補正予算にも変更がありました。
本記事では、GIGAスクール構想の概要から変更前後の補助金や補正予算、さらにこれから導入が進められる高等学校への対応についてご紹介していきます。スムーズに学習環境を整えるためにも、変更点について押さえておきましょう。

GIGAスクール構想の実現に向けた取り組み

GIGAスクール構想は、生徒1人1台のパソコン・タブレットの導入と高速ネットワーク環境を整備し、小・中・特支等の児童生徒それぞれが個性に合わせた学習環境を実現するための構想です。また令和元年度補正予算額(案) として2,318億円が計上され、それぞれの区分で、公立では2,173億円、私立では119億円、国立では26億円の予算額となっていました。
昨今はデジタルの活用をはじめとして、IoTやICT、AIなどの台頭で、あらゆることがスピーディに変化する社会になっています。また社会の変化に対応するために欠かせないのが、パソコン・タブレットといったデジタルデバイスやネットワークへの理解・活用です。
そこで教育段階からデジタルデバイスやネットワークの理解を深めておくために、GIGAスクール構想によって学習環境を整えることが重要視されています。

GIGAスクール構想と「Society 5.0」

GIGAスクール構想を考える際に欠かせないテーマが、狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、日本が目指すべき未来社会の姿として提唱されている「Society 5.0」です。
Society 5.0は、サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する人間中心の社会です。またITをはじめIoTやICT、AIなどのデジタル技術を活用して、よりよい生活を送れる社会とも言えるでしょう。
そうしたSociety 5.0時代の社会に向けて、今後の社会を担う子供たちの教育環境を事前に整備するために、GIGAスクール構想の実現は重要な取り組みです。

参考:内閣府 Society 5.0とは

GIGAスクール構想における2つの事業内容

具体的なGIGAスクール構想における事業としては、次の2点です。

児童生徒1人1台端末の整備事業

1点目が児童生徒1人1台のパソコンやタブレット端末の整備事業です。こちらでは小・中・特支等の児童生徒が使用するパソコン端末の整備が進められてきました。

校内通信ネットワーク整備事業

2点目が校内通信ネットワーク整備事業です。こちらでは希望する全ての小・中・特支・高等学校等で校内LANを整備と、小・中・特支等に電源キャビネットを整備が進められています。

GIGAスクール構想で活用できる補助金の概要

GIGAスクール構想の実現には、児童生徒1人1台端末の整備事業・校内通信ネットワーク整備事業を踏まえた対応が必要です。また実現に向けて、それぞれに補助金が設けられています。

公立学校情報機器整備費補助金

小・中・特支等の児童生徒が使用する、パソコンやタブレット端末を整備する際に活用できるのが、公立学校情報機器整備費補助金です。
公立学校情報機器整備費補助金では、都道府県、政令市、その他市区町村を補助対象として、補助割合は定額(4.5万円)となっています。また地方財政措置算定分を超えて、児童生徒1人1台端末を新規に整備、または更新する際には定額で購入費相当額(1台4.5万円)が補助されます。

公立学校情報通信ネットワーク環境施設整備費補助金

希望する全ての小・中・特支・高等学校等における校内LANと電源キャビネットを整備する際に活用できるのが、公立学校情報通信ネットワーク環境施設整備費補助金です。
公立学校情報通信ネットワーク環境施設整備費補助金では、整備都道府県、政令市、その他市区町村を補助対象として、補助割合は1/2となっています。また市町村は都道府県を通じて国に申請する必要があります。

参考:「GIGAスクール構想の実現」に関する補助事業の概要について

GIGAスクール構想の前倒しで補助金や補正予算が変更に?

上記でご紹介した児童生徒1人1台端末の整備事業・校内通信ネットワーク整備事業、それに伴う補助金は「学校ICT活用フォーラム 令和2年1月16,17日説明資料」によるものです。またGIGAスクール構想の前倒しで補助金や補正予算が変更になった点を、下記でご紹介していきます。

2019年時点のGIGAスクール構想では2023年度までの対応

もともとGIGAスクール構想は文部科学省が、2019年12月に打ち出した政策です。また当初は2023年度までに全ての小中学校・特別支援学校で、児童・生徒1人1台の学習用端末と校内ネットワーク環境を整備することを目指していました。そのため当初は2019年から2023年度までの計画だったため、5年間の計画として開始されました。

2020年にはGIGAスクール構想の前倒しで補助金や補正予算が変更に

2019年時点では上記のように5年間の計画で進められていたGIGAスクール構想。しかし現在は新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言を受けたことから、教育機関をはじめさまざまな現場で感染が深刻化し影響が出ています。これにより政府は緊急経済対策の中でGIGAスクール構想の前倒しを発表し、補助金や補正予算が変更されています。

小中学校の補助金適用対象は2020年度内に整備されものが対象

当初の5年間の計画が1年間に前倒しされたことから、教育機関では早期の対応が求められました。また前倒しによって小中学校の補助金適用対象は、基本的に2020年度内に整備されたものが対象となり、20年度補正予算案には、小中学校と特別支援学校での1人1台端末の早期実現のためとして、1951億円が計上されました。

参考:文科省 GIGAスクール構想の加速による学びの保障

2020年度のGIGAスクール構想で対象外だった高等学校について

2020年度のGIGAスクール構想で対象とされなかったのが高等学校です。結論として、高等学校における補助金が出るという発表は、現在に至るまでありません。そのため高等学校において、現時点では高校向けのGIGAスクール構想の補助金は出ない見込みとなっていますが、今後進展する可能性は大いにあります。

今後高校向けのGIGAスクールの補助金はでるのか?

上記でご紹介してきたように、児童生徒1人1台端末の整備事業・校内通信ネットワーク整備事業として、小中学では補助金が設けられましたが、高等学校では現在に至るまで発表はありません。
しかし、GIGAスクール構想の目的である、生徒一人ひとりの個性に合わせた学習環境を整備するためには、高等学校でも早期に補助金を活用し導入を進めるニーズがあるのは確かです。

高等学校でもプログラミング教育が必修化され受験にも必要に

プログラミング教育の必修化が始まったのは2020年度の小学校からで、高等学校では2022年度から「情報Ⅰ」の科目で必修化されます。さらに2025年1月からの大学入試共通テストではプログラミングの科目が加わるため、受験対策としてもプログラミングを理解する必要があります。
高等学校における補正予算や補助金は発表されていませんが、必修化や受験に必要になる点からも早期にパソコンやネットワーク環境整備の対応が求められています。

高校でもコンピュータの整備を進めよう

上記のように現時点で今後高校向けのGIGAスクールの補助金には確証がないのも実情ですが、必要性があるのは確かです。実際に授業での必修化と受験の面で、教育機関でも早期に対応しておくことで、多くのメリットが得られます。小中学校のGIGAスクール構想が前倒しになったように、高校における対応も求められてくる可能性もあります。
また高校年代のパソコン・タブレット導入の際には、小中学校でも多くの学校で導入された実績がある Chromebook がおすすめです。セキュリティ対策や管理に優れ、費用対効果が高いというメリットがあります。

ミカサ商事では、Chromebook の導入支援、教育機関での Google アカウントの年次更新代行や、管理者向けの運用支援を承っております。また Google for Education 認定トレーニング講師による管理者研修も実施しております。
今までに400校以上の学校様の導入を支援させて頂いておりますので、これから Chromebook の導入や Google Workspace の導入を進めたい教育機関、導入の負担を削減したいとお考えのご担当者様は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

学校へのChromebook導入実績400校以上の専門家ミカサ商事のChromebook導入サービスはこちら