前のページへ戻る

活用事例

Google カレンダー で施設の備品リソースを簡単に予約管理(後編)

Google カレンダー で施設の備品リソースを簡単に予約管理(後編)

提案

リソースの作成権限がない場合、担当者がマイカレンダーを作成しメンバーへ共有することで、備品の管理が可能になります。

活用イメージ

クリックで拡大します

  • 例:視聴覚室専用のカレンダーを作成し、共有範囲を設定する。

    マイカレンダーから”新しいカレンダーを作成”をクリックします。
    例:視聴覚室専用のカレンダーを作成し、共有範囲を設定する。<br />
<br />
マイカレンダーから”新しいカレンダーを作成”をクリックします。
  • 作成したいカレンダーの詳細を入力します。

    ・カレンダー名
    ・詳細
    ・場所
    などを入力します。
    作成したいカレンダーの詳細を入力します。<br />
<br />
・カレンダー名<br />
・詳細<br />
・場所<br />
などを入力します。
  • 公開・共有範囲を設定し、”作成”をクリックします。
    公開・共有範囲を設定し、”作成”をクリックします。
  • 下記から登録が確認できます。
     カレンダー → 視聴覚室
     リソース → 視聴覚室で使用する備品
    下記から登録が確認できます。<br />
 カレンダー → 視聴覚室<br />
 リソース → 視聴覚室で使用する備品