前のページへ戻る

活用事例

Google 管理コンソール の特長とログイン方法

Google 管理コンソール の特長とログイン方法

課題

組織で Google Apps for Education を利用する際に欠かせない設定として、ユーザー別の権限設定、セキュリティ設定、情報の共有範囲の設定などが挙げられると思います。

提案

Google Apps の大きな特長の一つとして、管理者による「ユーザーの一元管理」があります。

Google Apps の管理者画面(管理コンソール)を使用する事で、情報の共有範囲、ユーザー別の権限、セキュリティなど、学校や会社の意向に沿って細かく設定する事が可能です。

公開範囲も、社内限定や部署限定、チームやプロジェクト毎に設定することも簡単で、人員の入れ替えによるユーザー追加・削除も画面上でスムーズに設定できます。

また、この管理者機能は特別なITスキルや知識がない人材でも、直感的な操作により設定できます。

【 Google 管理コンソール の機能(一部抜粋)】
・ユーザー管理
 アカウントの登録、ドメインの追加、組織(グループ)の作成
・権限の付与
・使用サービスの選択
・端末の管理
・セキュリティ・パスワード・認証設定

【 Google 管理コンソール の機能一覧】
https://support.google.com/a/answer/3035631?hl=ja&ref_topic=3113051

活用イメージ

クリックで拡大します

  • 【 Google 管理コンソール へのログイン方法1】
    https://admin.google.com/AdminHome へアクセスします。
    【 Google 管理コンソール へのログイン方法1】<br />
https://admin.google.com/AdminHome へアクセスします。
  • 【 Google 管理コンソール へのログイン方法2】
    Gmail 画面右上の設定(歯車マーク)から「ドメインの管理」へアクセスします。
    【 Google 管理コンソール へのログイン方法2】<br />
Gmail 画面右上の設定(歯車マーク)から「ドメインの管理」へアクセスします。
  • ログイン認証を行うと Google 管理コンソール にログインできます。
    ログイン認証を行うと Google 管理コンソール にログインできます。