前のページへ戻る

活用事例

Google カレンダー で施設の備品リソースを簡単に予約管理(前編)

Google カレンダー で施設の備品リソースを簡単に予約管理(前編)

課題

教育現場では、教科で必要な備品、施設に付帯する備品など、様々なリソースの予約管理が必要になるかと思います。

その手間は、 Google カレンダー を使えば軽減できます。

提案

事前に管理コンソールでリソースを登録しておくことで、使用者は簡単に設備予約をすることが可能になります。

Google カレンダー へ直感的に入力するだけですから、質問対応も発生しません。

また、リソースの重複予約はできないので、二重予約の防止にもなります。


例えば、下記のようなリソースの管理が効率化されます。

視聴覚室の場合・・・
・置型プロジェクター
・書画カメラ
・DVDプレイヤー
・電子黒板
・カセットテープレコーダー
・CDプレイヤー
・CD、カセットテープ
など。

複数アイテムがある場合は、A、B、Cなどを付帯して管理すると分かり易いです。

活用イメージ

クリックで拡大します

  • 例:クラウド中学校の視聴覚室の管理&視聴覚室の備品管理

    ①・・・管理コンソール画面で、リソースを登録します。

    ドメインの管理(管理コンソール)→ Google Apps →カレンダーを選択し、設定画面に入ります
    設定画面から”リソース”をクリックします
    例:クラウド中学校の視聴覚室の管理&視聴覚室の備品管理<br />
<br />
①・・・管理コンソール画面で、リソースを登録します。<br />
<br />
ドメインの管理(管理コンソール)→ Google Apps →カレンダーを選択し、設定画面に入ります<br />
設定画面から”リソース”をクリックします
  • ”新しいリソースを作成”をクリックします。
    ”新しいリソースを作成”をクリックします。
  • 登録したいリソースの詳細を入力します。
    登録したいリソースの詳細を入力します。
  • 登録されたリソース一覧が表示されました。
    登録されたリソース一覧が表示されました。
  • 作成したリソースをマイカレンダーへ追加するには、
    まず、自分のカレンダー画面の”他のカレンダー”→"オススメカレンダーを検索”をクリックします。
    作成したリソースをマイカレンダーへ追加するには、<br />
まず、自分のカレンダー画面の”他のカレンダー”→
  • ”その他”をクリックし”○○(自身のドメイン)のリソース”を選択します。
    ”その他”をクリックし”○○(自身のドメイン)のリソース”を選択します。
  • 管理コンソールから登録したリソース一覧が出てきますので、表示させたいリソースの”登録”をクリックします。
    管理コンソールから登録したリソース一覧が出てきますので、表示させたいリソースの”登録”をクリックします。
  • マイカレンダーへ表示が追加されます。
    マイカレンダーへ表示が追加されます。
  • テストで予定を入力すると、リソース一覧が表示されている事がわかります。
    テストで予定を入力すると、リソース一覧が表示されている事がわかります。