よくあるご質問:その他

パスワードを忘れた場合や端末をなくしてしまった場合の対処方法はありますか?

管理者画面からパスワードの変更やアカウントのロックが可能です。

▲先頭へ戻る

フリー版 Gmail と同じように広告は表示されますか?

いいえ、G Suite for Education ではデフォルトで広告は非表示になっております。

▲先頭へ戻る

海外の姉妹校とのやりとりや、当校から留学している学生たちとのやりとりを考えています。G Suite for Education は世界での導入事例はございますか?

世界50カ国以上での言語のサポートと各国教育機関での導入実績がございます。

G Suite for Education 公式サイトの導入事例も合わせてご覧ください。

▲先頭へ戻る

論文やレポートなど、学生からの提出資料を多く取り扱います。G Suite の容量はどの程度でしょうか?

2013年5月から Gmail 、Google ドライブ 、 Google+ の写真と併せた共有ストレージとして30GB使用可能です。
また Gmail では1通のメールに25MBまで添付する事が可能です。

▲先頭へ戻る

現状、トラブル発生時には専任のエンジニアが対応し、復旧するまで時間がかかることもあります。 G Suite for Education でのトラブルの頻度はどの程度でしょうか?

G Suite for Education では年間のサービス稼働率99.9%以上を保証しており、サービスが止まることはほとんどございません。
また、堅牢な障害復旧サービスが組み込まれているため、自然災害時でもご心配は無用です。

G Suite for Education は安心してご利用いただけるクラウドソリューションとなっております。

▲先頭へ戻る

個人情報などの重要な情報を扱うメンバー向けにログインのセキュリティを強化することはできますか?

まず、パスワードのポリシーを管理者側で設定することができます。

また、ワンタイムパスワードを利用した二要素認証の設定も可能です。
ブラウザのセッション情報も自動的に暗号化されます。

▲先頭へ戻る

学生が個人の端末でアクセスをしているのですが、 G Suite for Education はWindowsでもMacでも同じように使用できますか?また、iPadやAndroid端末でも同様に使用可能でしょうか?

はい、可能です。

G Suite for Education はanyOS、anyブラウザ、anyデバイスの対応が可能です。

▲先頭へ戻る

G Suite for Education にはバージョンはありますか? アップグレードで費用がかかることはございますか?

バージョンは常に自動で最新の状態へ更新されています。
そのため、最新バージョンを導入する手間がかからず、更新が遅れてセキュリティリスクに直面することもありません。

特にアップグレードの費用は必要ありません。

▲先頭へ戻る

どんなブラウザでも同じように使用できますか?

どのブラウザでも最新のバージョンで同じように使用することができます。

その他、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンにも対応しております。

▲先頭へ戻る

1アカウントを複数名で共有できますか?

運用上は可能ですが、G Suite for Education の設計が1アカウント1ユーザーとなっており、推奨いたしません。
窓口の1本化が必要な場合はグループの作成をおすすめ致します。

▲先頭へ戻る

セキュリティが心配・・・何されているかわからない

Google の大規模な情報セキュリティ チームがデータ センターのグローバルネットワークを常に監視しています。
また、 G Suite と Google のデータ センターは SSAE 16 Type II の監査をパスしており、米国連邦政府機関の FISMA の認定を取得しています。

SSAE 16:物理的セキュリティ、論理的セキュリティ、プライバシー、インシデントレスポンスなどが適切に管理されているかを第三者の監査員が評価する監査基準です。

FISMA:全米国連邦政府の情報システムのセキュリティ要件を定めた米国連邦法です。

▲先頭へ戻る

近頃、Officeの入っていないPCやタブレット端末を持つ学生が増えている。

G Suite for Education では一般的なファイル、動画、画像を閲覧することができます。
また、文章、表計算、プレゼンテーションが作成できる G Suite 独自の機能がございます。

▲先頭へ戻る