よくあるご質問:導入について

Chromebook で先生の使用しているものと生徒の使うもので設定を分けたい。

Chormebook は使用するユーザーを「組織」というグループに分けて、それぞれの組織向けに Chrome の機能を設定したり、ネットワーク設定やソフトのインストールを変えることができます。

▲先頭へ戻る

情報システム部から段階的に導入をしていきたいのですが、全校で一斉導入をする必要がありますか?

お1人からでも導入・ご利用頂くことが可能です。

導入計画や必要な設定についてはサポートさせていただきます。
まずはご相談ください。

▲先頭へ戻る

ITが苦手な教員や生徒も多いのですが、 G Suite for Education を使えるようになるまで時間はかかりますか?

G Suite for Education は直感的なインターフェースになり、すぐ慣れる事ができます。

別途、当社でも G Suite についてのセミナーや講習会を開催しておりますので、ぜひともご参加ください。

▲先頭へ戻る

現状、校務で他社グループウェア(サイボウズ、MicrosoftExchange、ビジネスgoo、notes、desknet’s等)を使用していますが、 G Suite for Education へ移行は可能ですか?

メール、スケジューラーなど共通する機能についての移行対応は可能です。

アプリケーションなどの独自機能については一部対応できないものもございます。詳しくはご相談下さい。

▲先頭へ戻る

移行がスムーズにできるかどうか心配です

環境に応じ、様々な対応策を提案致しますのでお任せ下さい。

例えば、Google Cloud Directory Sync を使用すると、Microsoft® Active Directory® の情報と一致するようにGoogle ユーザー,グループ,共有の連絡先を同期できます。

▲先頭へ戻る

G Suite for Education は無償ですが、ミカサ商事経由で導入するメリットは?

ミカサ商事では、 G Suite に関するセミナーの開催、便利な機能の紹介を行っております。

初期導入の支援,管理者や使用者のためのトレーニング,運用支援など幅広く手厚いサポートで御校での実務の支援をさせていただけます。また Chromebook に関しても同様のご支援ができますので、 G Suite と合わせた途切れないサポートをご提供することができます。

▲先頭へ戻る

G Suite に詳しいものがいないため、使いこなせるかどうか不安です。

当社ではドメインの取得を始めとした、導入初期からのお手伝いと導入後の活用セミナーや G Suite for Education 講習会など幅広くサポートする体制が整っております。
不安な点は何でもご相談下さい。

▲先頭へ戻る

既存のドメインのまま移行は可能ですか?

G Suite Migration for Microsoft Exchange(GSMME)を使用して、Microsoft® Exchange サーバーからユーザーのメール,連絡先,カレンダーのデータを移行できます。
IMAP サーバーを使用している場合も、メールを移行することができます。
また、もっと簡単な方法として、一時的に既存のメールシステムと G Suite の双方でメール受信して、移行し易い構成とすることもできます。

▲先頭へ戻る